経営理念

思惑 建学の精神「感恩」(商標登録 名称:第6017606号 ロゴ:第6010630号) 思惑 建学の精神「感恩」(商標登録 名称:第6017606号 ロゴ:第6010630号)

本学園の歴史は昭和17年(1942年)、太平洋戦争開戦直後の緊迫した情勢下での玉手山高等女学校設立に始まります。
実業家山田藤一の創設への情熱と、自ら築き上げた私財の寄附により学園はこの大阪柏原の地に設立されました。
天地万象の恩を感じ、恩に謝し報いることを人生の哲理にしていた創設者山田藤一は「感恩」こそを教育の原点として、「感恩」を実践し得る人間の育成を学園の校是として掲げました。

爾来、本学園は幾多の厳しい試練を克服し、たゆまぬ教育実践と不断の改革を重ねて今日に至っています。
この間、建学の精神「感恩」は単なる標語や観念論としてではなく、教育目的・目標へと具体化・体系化され、たゆむことなき構造化・現代化が図られ、平成9年(1997年)の関西福祉科学大学の開設にあたっても、その設置理念の原点となり現在も学園教育のなかに脈々と生き続けています。

建学の精神「感恩」
人は さまざまな恩恵のもとで 生かされている 
この真理に目覚め 感動と感謝から生まれる 豊かな心と情熱をもって 
人の幸せを願い 行動するとき 私たちは成長し 社会に貢献できる
~「ありがとう」に出会い 気づき 感動 感謝の行動から
新しい「ありがとう」が生まれる~
使 命
建学の精神「感恩」を 実践する人を育成し 豊かな未来社会をつくる
綱 領
  1. 1. 学生 生徒 園児のもてる力 志をひきだす
    その教育実践により 学園職員も豊かになる
  2. 2. 教育人としての自覚のもと 自己の能力および人格の向上に努め
    その使命を誠実に遂行し 未来を拓く「知」を継承 創造する
  3. 3. 各校園は 教育理念のもと 具体的な教育目標を掲げ 常に改革の意識をもって
    創意工夫試行を重ね その達成に総力を結集する
  4. 4. 継続 発展を支える確かな組織力と 健全な財政基盤を確立する
ビジョン

【玉手山学園の実践・実現】

  1. 1. 夢と志を育てる学園(学園ブランドに)
    ~笑顔 あいさつ 優しさを大切に~
  2. 2. 学園教育力の向上
    • 教育の質向上(学修成果(できるようになる)・修学成就)
    • 組織安定
    • 4校園体制堅持(大学 短期大学 高等学校 認定こども園)
    • 健全収支
  3. 3. 地域貢献 社会に愛され 成長する学園
  4. 4. 教育環境の充実(安心 安全 快適 ECO)
  5. 5. 学園総合力の向上
    • 各校園の相互協力(学園ファミリー意識)
トップへ戻る